関節リウマチの症状とも似ているヘバーデン結節ですが、その治療方法には一体どのようなものが有るのでしょうか。ヘバーデン結節の治療法としては、整形外科では電気治療が一般的に行われていて、カイロプラクティックでは手根骨や指の矯正を行い負担を軽減させるようにしているはずです。その他にも、のみ薬や貼り薬、ぬり薬、患部へのテーピングを主な治療方法としておこなうでしょう。テーピングをする場合にはは、幅の細いテープを使い、第一関節の周りにグルグル巻いて、関節がうごかないようにすると、患部の固定効果のみならず、関節の変形予防にもつながりますよ。関節の痛みや炎症が強い場合には、非ステロイド消炎鎮痛剤を使用したり、軟こう塗布を使った治療を行ったりします。殆どの場合、ヘバーデン結節は手術にまで至らないのですが、関節の変形が酷く、痛みもあり、いつもの暮らしに支障をきたすようになった場合には、第一関節の関節形成術などの外科的手術を行うケースも稀に多々あるのです。ヘバーデン結節は、加齢とともに発症する変形性関節症のひとつで、他の関節や部位にまで痛みや炎症が広がるようなことはないでしょう。治療を行う、行わないに関わらず、大半のケースではにおいて、一定期間を過ぎると痛みや炎症は改善されていくはずです。人による違いもあるものですが、数年のうちには多少の指の変形を残して、ヘバーデン結節の症状は無くなりますので、焦らず根気良く治療するようにされて下さいー